Hyperledger Fabric

【事例】医療や航空分野、サプライヤー管理で使われるHyperledger Fabric

本記事で取り上げる「Hyperledger Fabric」はサプライヤー管理や航空、医療など様々な領域で活用されている主要なパーミッション型ブロックチェーン基盤のひとつです。今回はHyperledger Fabricの活用事例を紹介していきましょう。

エンタープライズ向けブロックチェーンの全体像を概観する

ひと口にブロックチェーンと言っても、その種類は多様です。BitcoinやEthereumなどのように、コンセンサスノードとして参加するのに許可が不要なパーミッションレス型のブロックチェーンもあれば、コンセンサスノードの運用に許可が必要なパーミッション型のブロックチェーンもあります。2020年7月現在、企業がブロックチェーンを活用する場合、後者のパーミッション型ブロックチェーンが使われることがほとんどです。そこで今回はエンタープライズ領域で使われるブロックチェーンを紹介していきましょう。

「Hyperledger Fabric」もっとも利用される企業向けブロックチェーンフレームワークの概要

エンタープライズ向けのパーミッション型(許可型)ブロックチェーンとして、「Hyperledger」は多くの企業やプロジェクトに採用されています。Hyperledgerは単一のブロックチェーンではなく、複数のフレームワークやツールなどから構成されるプロジェクトです。本記事では、Hyperledgerプロジェクトの概要と、その中でもっとも広く普及しているフレームワーク「Hyperledger Fabric」について解説していきます。