Corda

【オンライン無料開催】企業向けブロックチェーンの 選定方法とユースケースとは?

イベント概要 ※本ウェビナーは法人向けです。※お申込み人数の状況によっては、同業種の企業様のご参加をお断りする可能性がございます。あらかじめご了承ください。 ひと口にブロックチェーンといっても、ビットコイン=ブロックチェーンではなく、様々な種類があります。企業でブロックチェーンに取り組む場合、開発コストや情報の秘匿性、取引の処理速度など、様々な項目を比較・検討しなければなりません。しかしブロックチ […]

建設現場の非効率をなくし、未来につながる仕事に注力したい|株式会社大林組インタビュー

建設大手の「株式会社大林組」は2020年度、建設現場におけるブロックチェーン活用に向けたPoC(Proof of Concept)を実施しました。本記事では今回のPoCを担当した株式会社大林組のお三方へのインタビューを通じて、PoC実施までの舞台裏と、建設業界でブロックチェーンを活用する意義を伺います。

CordaのFlowの構築手順を分かりやすく解説する

CordaのFlowを書くには、State, Contract, Command, Transactionなど、様々なCordaの基本概念を理解している必要があります。また、Flowのコードには様々なクラスが出てくるので、最初のうちは難解に感じるところがあります。 この記事ではAPIの詳細には触れず、全体像からコードの大きな流れを解説します。

エンタープライズ向けブロックチェーンの全体像を概観する

ひと口にブロックチェーンと言っても、その種類は多様です。BitcoinやEthereumなどのように、コンセンサスノードとして参加するのに許可が不要なパーミッションレス型のブロックチェーンもあれば、コンセンサスノードの運用に許可が必要なパーミッション型のブロックチェーンもあります。2020年7月現在、企業がブロックチェーンを活用する場合、後者のパーミッション型ブロックチェーンが使われることがほとんどです。そこで今回はエンタープライズ領域で使われるブロックチェーンを紹介していきましょう。

  • 2019.09.27
  • 2021.06.30
  • ,

分散型台帳基盤「Corda(コルダ)」とは?特徴・ユースケース解説

企業がブロックチェーンの活用を検討する場合、ネットワークへのアクセス権を管理できるパーミッション型(許可型)のブロックチェーンが有力な選択肢となるでしょう。本記事では、企業においてブロックチェーン活用を検討している方に向けて、Cordaの特徴を整理した上で、Cordaに対応するBaaS(Blcokchain as a Service)やユースケースを紹介していきます。