インターオペラビリティ

Cosmos SDK活用のプロジェクトIRISnetとは?

異なるブロックチェーン同士は通信ができず、相互にトークンの乗り入れができないことがブロックチェーンの課題のひとつとなっています(相互運用性(インターオペラビリティ)の問題)。この課題を解決しようと複数のプロジェクトが進んでおり、本記事で紹介するIRISnetもそのひとつです。また、ブロックチェーンシステムとレガシーなシステムの統合も目指しており、その実現に向けた機能も実装されています。本記事ではIRISnetについて紹介していきます。

異なるブロックチェーンを接続するCosmos(コスモス)とは?

ブロックチェーンの抱える課題のうち代表的なものが「スケーラビリティ」と「インターオペラビリティ」のふたつです。「The Internet of Blockchain」というコンセプトを掲げる「Cosmos」(コスモス)はこれら課題を解決する有力プロジェクトとして位置付けられています。本記事では、Cosmosの概要を紹介していきます。

Polkadot(ポルカドット)とは?ブロックチェーンの相互運用性を実現する有力プロジェクト概要

世の中では様々なブロックチェーンが開発されていますが、原則として異なるブロックチェーン同士にはインターオペラビリティ(相互運用性)がありません。本記事ではインターオペラビリティの課題にフォーカスしている代表的なプロジェクトのひとつ「Polkadot」(ポルカドット)について紹介していきます。