Ryoma Hara

4/6ページ

ブロックチェーンと従来のデータベースの違いとは?

ブロックチェーンの活用を検討し始めた方の中には、「既存のデータベースとブロックチェーンは何が違うんだ?」という疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか?今回は、ブロックチェーン(パブリック型/パーミッション型)とデータベースの違いについて解説していきます。

「Hyperledger Fabric vs Sawtooth+Composer」HLプロジェクトの比較、違いを解説

Hyperledgerの傘下には多くのプロジェクトがあるため、各プロジェクトの違いは分かりづらい部分があるかもしれません。そこで今回は、Hyperledger設立初期に提案されたフレームワークである「Hyperledger Fabric」および「Hyperledger Sawtooth」、開発ツールの「Hyperledger Composer」について比較、解説していきます。

「Azure Blockchain Tokens」Token Taxonomy Framework準拠のトークン発行・管理機能とは?

比較的新しい技術であるブロックチェーン(分散型台帳技術)は近年、開発支援ツールが増え、標準化の動きが加速しています。本記事で紹介する「Azure Blockchain Tokens」もそのひとつであり、「Azure Blockchain Service」で標準化されたトークン化を発行・開発できる機能としてリリースされました。そこで今回は、Azure Blockchain Tokensの概要とトークン標準化のためのイニシアチブ「Token Taxonomy Initiative」を紹介していきます。

Hashgraph vs ブロックチェーン|分散型台帳技術の比較

分散型台帳を実現する技術としてはブロックチェーンが有名ですが、その他にもIOTAの「Tangle」や「Hashgraph」など、複数のプロトコルが考案されています。いずれもスケーラビリティをはじめとするブロックチェーンの諸問題を解決しようとするものです。 すべてにおいて完璧なプロトコルは無いため、利用を検討する際には各技術の比較が欠かせません。そこで本記事では、Hashgraphとブロックチェーンの比較を行っていきます。

新たな分散型台帳技術「Hashgraph」とは?その公開実装「Hedera Hashgraph」も解説

(特にパブリックな)ブロックチェーンの課題を解決するためのアプローチがいくつか提案されており、本記事で紹介する「Hashgraph」(ハッシュグラフ)もそのひとつです。今回はHashgraphの概要とその公開実装である「Hedera Hashgraph」(ヘデラ・ハッシュグラフ)について解説していきます。

自己主権型・分散型アイデンティティとは?ID管理に適したブロックチェーンも紹介

アイデンティティは生活する上で必要不可欠な要素です。特に様々なサービスがデジタル化した社会では、安全で便利なデジタルアイデンティティの重要性が高くなっています。これは様々なデータやシステムを管理する企業にとっても同様でしょう。今回はその重要性を確認した上で、ブロックチェーンを用いて構築される自己主権型(分散型)アイデンティティについて解説していきます。

企業向けブロックチェーンフレームワークの選び方

既に多くのエンタープライズ向けブロックチェーンのフレームワークが設計・開発されていますが、実際に利用する場合には、どのプラットフォームが適当かを選択しなければなりません。そこで今回はフレームワークを選ぶ際の着眼点と有力なブロックチェーンフレームワークの概要を整理していきます。

1 4 6