ブロックチェーン

2/5ページ

「Hyperledger Fabric vs Sawtooth+Composer」HLプロジェクトの比較、違いを解説

Hyperledgerの傘下には多くのプロジェクトがあるため、各プロジェクトの違いは分かりづらい部分があるかもしれません。そこで今回は、Hyperledger設立初期に提案されたフレームワークである「Hyperledger Fabric」および「Hyperledger Sawtooth」、開発ツールの「Hyperledger Composer」について比較、解説していきます。

Hashgraph vs ブロックチェーン|分散型台帳技術の比較

分散型台帳を実現する技術としてはブロックチェーンが有名ですが、その他にもIOTAの「Tangle」や「Hashgraph」など、複数のプロトコルが考案されています。いずれもスケーラビリティをはじめとするブロックチェーンの諸問題を解決しようとするものです。 すべてにおいて完璧なプロトコルは無いため、利用を検討する際には各技術の比較が欠かせません。そこで本記事では、Hashgraphとブロックチェーンの比較を行っていきます。

新たな分散型台帳技術「Hashgraph」とは?その公開実装「Hedera Hashgraph」も解説

(特にパブリックな)ブロックチェーンの課題を解決するためのアプローチがいくつか提案されており、本記事で紹介する「Hashgraph」(ハッシュグラフ)もそのひとつです。今回はHashgraphの概要とその公開実装である「Hedera Hashgraph」(ヘデラ・ハッシュグラフ)について解説していきます。

企業向けブロックチェーンフレームワークの選び方

既に多くのエンタープライズ向けブロックチェーンのフレームワークが設計・開発されていますが、実際に利用する場合には、どのプラットフォームが適当かを選択しなければなりません。そこで今回はフレームワークを選ぶ際の着眼点と有力なブロックチェーンフレームワークの概要を整理していきます。

エンタープライズ向けイーサリアムの標準化団体EEAとは?

現在、エンタープライズ向けブロックチェーンの標準化やエコシステムの形成に注力している組織がいくつか存在します。グローバルなコミュニティとしては、「Hyperledger」やCordaを開発する「R3」、「Ethereum Enterprise Alliance」(EEA)が有力だと言えるでしょう。本記事では、これらコミュニティのひとつであるEthereum Enterprise Allianceの概要や取り組みを紹介していきます。

パブリック vs コンソーシアム – メリットとデメリット解説

ひと口にブロックチェーンと言っても様々な種類があります。「Bitcoin」や「Ethereum」のように誰でもアクセスできるパブリックチェーンもあれば、「Hyperledger Fabric」や「Corda」のようなコンソーシアムチェーンもあり、両者は大きく異なるものです。そこで本記事では、パブリックチェーンとコンソーシアムチェーンの目的や概要、メリット・デメリットを解説していきます。

エンタープライズ向けブロックチェーンフレームワークの比較|Hyperledger Fabric vs Corda vs Quorum

はじめに ビットコインと共に誕生したブロックチェーンは、パブリックプロトコルとして新しい枠組みを生み出しました。しかし、パブリックチェーンをエンタープライズ向けとして活用する場合、プライバシーやスケーラビリティ、ガバナンスなどの様々な問題に直面するのが現状です。 これらの課題を解決しながら、改ざん耐性などのブロックチェーンの特徴を活かすために、パーミッション型(許可型)ブロックチェーンがいくつも開 […]

1 2 5