今週のBaaS関連情報 (8/10-8/4)

今週のBaaS関連情報 (8/10-8/4)

今週はBaaSを提供する企業の1つであるIBMから、サプライチェーン管理向けのネットワークが発表されました。サプライチェーン管理は、 ブロックチェーンのユースケースとして代表的ですが、今後は、こういったユースケース特化型のBaaSも増えてくるのではないでしょうか。

例えば、 同じくIBMのフードトラストは、食品のトレーサビリティ管理に特化した形で提供されています。業界業種に必要な機能がカバーされていれば、あとはコンソーシアムをいかに組んでいくかがカギとなります。結局、業界の大手企業とBaaS提供企業で提携し、大きなコンソーシアムを作り上げてしまうといった、勝者がより強くなっていく流れになってしまうのかもしれません。

IBM、サプライヤーチェーン管理向けブロックチェーンネットワーク「Trust Your Supplier」発表 (8/6)

  • IBMと、ブロックチェーンのコンサルタント企業であるChainyardは新たなブロックチェーンネットワーク「Trust Your Supplier」(TYS)を発表
  • 同社によると、TYSはブロックチェーンネットワーク上でサプライヤーのアイデンティティーを証明するデジタルパスポートを作成し、サプライヤーがネットワーク上で承認済みのバイヤーと情報を共有できるようにする
  • TYS創立時には、Anheuser-Busch InBevやCisco Systems、GlaxoSmithKline、Lenovo、Nokia、Schneider Electric、Vodafoneが 参加する

時間11%削減・精度44%向上、貿易手続きをブロックチェーンで効率化 (8/8)

  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証実験でNTTデータは、セキュリティーを担保した状態で貿易業務を円滑化する「貿易手続きデータ連携システム」を構築
  • 実証実験では、入力や情報共有の作業時間を11%削減、今後の応用プログラムインターフェース(API)や基幹システム連携で書類照合の精度が44%向上する見込みが見えた
  • 2019年10月にも試験運用を開始し、20年4月にも本サービスを始める

ニュースカテゴリの最新記事