CATEGORY 活用事例

ブロックチェーンを利用した事例に関する記事

自己主権型・分散型アイデンティティとは?ID管理に適したブロックチェーンも紹介

アイデンティティは生活する上で必要不可欠な要素です。特に様々なサービスがデジタル化した社会では、安全で便利なデジタルアイデンティティの重要性が高くなっています。これは様々なデータやシステムを管理する企業にとっても同様でしょう。今回はその重要性を確認した上で、ブロックチェーンを用いて構築される自己主権型(分散型)アイデンティティについて解説していきます。

不動産×ブロックチェーン 事例と適応領域

様々な業界でブロックチェーンの活用事例が増えている中、不動産領域ではどのように活用されているのでしょうか。今回は、 EEA(Enterprise Ethereum Alliance)の不動産ブロックチェーン活用ユースケースについて書いたレポートを参考に、具体的な事例と共に解説いたします。

【事例】「TradeLens」貿易×ブロックチェーン – 実稼働の要注目プロジェクト

ビジネス・個人問わず、私たちが使う多くのモノは、国際貿易を経て手元に届いています。国際貿易の物流は複雑であり、デジタル化が進んでいない分野のひとつです。貿易では様々な書類が必要となりますが、依然として紙ベースで情報共有が行われている部分が多く、非効率性な状態が続いています。このような課題を解決しようと、ブロックチェーンを用いて情報をデジタル化・効率化する取り組みが拡大しつつあります。本記事で紹介する「TradeLens」(トレードレンズ)はその代表的な事例です。本記事では、国際貿易における課題を整理した上で、TradeLensの概要を解説していきます。